さまよえるLOVEずっきゅん

大阪の広告制作&ライター事務所 ラッキー・スター。 コピーライター&ライターが気まぐれに綴るたわごと。

どうでもいい話

すっかり忘れていた事実

先日オフィスのパソコンを入れ替えた。
元のパソコンは10年近く前の型だが、
メモリ不足による不具合が目立つようになり、
いくつかのソフトを同時に立ち上げるとヒューズがとぶかのように
電源がすっとぶようになった。
これでは実に困る。
というわけで新しいパソコンを購入した。

外資系メーカーのアウトレット品(注文キャンセル品・新品)を買ったのだが、
モニタも含め5万円を切る価格であった。
元のパソコンは中古購入で10万円ほどだったので、
その半額で性能ははるかに上回る機種が買えたことになる。
いい時代になったものだ。

しかし、旧パソコンから新パソコンにデータを移行する作業で、
かなり手こずってしまった。
データ転送ケーブルを使って自動的にいっきになどと考えていたが、
旧パソコンのデータがあちこち破損しまくっているようで、
自動転送の途中でエラーが出まくり、しかたないので手動で移した。
旧パソコンでメーカーのサイトを見て、
ああだこうだと作業をしながらふと考えたのが
「こういう時、パソコンに強い秘書がいればなあ・・・」であった。
パソコンに、コンピュータに強い人・・・とそこまで考えて思い出したのが、
「そういえば俺って高校の情報処理科卒業なんだよな」。
そうなのである。
私は某県のある商業高校の情報処理科卒業である。
コンピュータの授業もけっこうあった。成績は悪かったが。

しかし、その頃に習った知識は今まったく役に立たない。
もう30年近く前で、パソコンもまだ市販されておらず、
習ったのはコボルとフォートランによるプログラミングであるが、
今はもうまったく覚えていない。
かけらさえも残っていないのだ。
そして今はパソコンに関してどちらかといえば弱いと思う。
なんのための授業だったのだろうかと思う。

ただ、高校で学んだ簿記の知識は今けっこう役にたっている。
経理は会計ソフトを使っているが、
その気になれば手書きでの帳簿も作れるだろう。
そう考えると商業高校行ったのも無駄ではなかったなと思うのである。

ぶどうパンLOVE

実は、ぶどうパンが好きだ。
ジャムパンやメロンパンやチョココロネやカレーパンや
その他ちょっと高級そうなパンよりも、
安っぽくて、値段の割にはかさがあり、
けど質より量ってわけじゃないよと言い張れるぶどうパンが好きだ。

そういえばぶどうパンの本体であるが、
昔「味付けパン」と言ってなかったっけ?
私の記憶違いか、もしくは一部の地方(四国の北西部にある県あたり)
だけで通用していた呼称だったのか、
または全国的にそう呼ばれていたのかはさだかではない。

そういえばその地方に「黒猫ベーカリー」というメーカーがあったが、
今もあるのだろうか。

それらも今は検索すればすぐにつきとめることができる。
銘菓「母恵夢」(ぽえむ)もWEB通販で簡単に手に入る。
いやあ便利な世の中になったものだとつい年寄りじみたことを考えてしまう。
15年前は考えられなかったことだよ。

で、ぶどうパンの件だが、私は週に3~4回、駅から自宅に帰る途中、
某コンビニでぶどうパンとノンアルコールビールテイスト飲料を
買うことを日課としていた。
その店で売られている某メーカーのぶどうパンは
もっちりとした食感、ほのかな香ばしさ、しっとりとした味わい、
そして口の中ではじけて甘酸っぱさを放つ干しぶどう(レーズンとは言わない)
それらの調和がなんともいえず絶品であった。
それはほぼ連日食べても飽きのこない味で、
私の1日の締めはこの真夜中のぶどうパンであった。

しかし、先週のこと、いつものようにその店に行くとぶどうパンがない。
売り切れか?
しかし、その翌日も翌々日も、さらに後もずっとないままである。
このままではいかんと先日意を決してレジの店員にたずねた。
「あの・・・ぶどうパンって置いてないんですか?」
すると店員は
「ああ、ぶどうパンは今もう入れて(仕入れて)ないんですよ」
えええーっ、なんてこったい・・・
ショックに打ちひしがれる私に店員はさらに追い討ちをかける。
「いやあ、なんせ1日に1つか2つしか売れないんで・・・」
こらこらこら、その1つを買ってたのはおれだ。

ぶどうパン、おいしいよ。

食べ放題LOVE その2

少し前に「食べ放題」「バイキング」の店が大好きだと書いた。
その際に、中華バイキングで酢豚の豚肉だけをかき集めて食べるような
食べ放題界の不届き者がいたといった話を書いた。
しかし、客側だけでなく、店側に問題があることも時折見られる。
今回はその「店側」のことを書き連ねてみたい。

今はもう廃業されているが、天六に深夜2時まで営業されている
焼肉バイキングの店があった。
この店はとにかく薄暗く、そして薄ぎたないイメージがある。
ただ、そんな雰囲気が好きで通う方もいたようで、私もその1人だった。
味は良くも悪くもない。値段相応といったところか。
ただひとつ問題があるとすれば、
凍ったままの肉がそのままトレイに盛られていることがあることくらいか。
トレイの肉が少なくなってくると、厨房から肉が補充されるのだが、
冷凍庫から直でトレイに盛られるのだ。
なのでその肉をグリルの上に置き、解凍→焼ける、といった2段階焼きになる。
まあしかしそれもまた一興といったところか。
そんなことも許される雰囲気の店であった。

 「食べ放題」と銘打ちながら、あこぎな制限を作る店もある。
私は行ったことはないのだが、食べ放題なのにおかわりは一度だけ、
そして食べ残しは倍額払いという、
そんなものは食べ放題に入らんわといったくそばばあの店とか、
注文は不可、レーンに流れている寿司の中からのみ選ばねばならない
ろくでもない食べ放題回転寿司の店とか、
そのへんはあこぎどころか食べ放題界の風上にもおけんと思う。
それらにくらべるとまだ、
「最初の10品は店が指定したネタを食べてもらう、自由注文はそれからだ」
といった形式の食べ放題の寿司屋とか、
「最初30分は指定メニューみ注文OK、その後オールフリーよ」といった
食べ放題焼き鳥屋など良心的であるといえるだろう。

あと、あらかじめ知っていれば問題はないが、
知らずに注文するとえらいことになる、といったケースもある。
数年前にジムが忘年会に使ったダイニング居酒屋
(食べ・飲み放題あり)には数種類のサラダメニューがある。
そのサラダはたぶんどれも、どんぶり1杯分くらいの量である。
知らずにサラダをいくつも注文するとえらいことになる。
他の料理が食べられなくなるだろう。
昨年この店で私ともう1名が普通に飲食をしたが、
2人で一品ずつサラダを注文し、
その山のようなサラダ2皿を前にして、
「あー食べ放題にしてなくてよかったよ」と言い合ったことがある。
その後その店は「トラップサラダの店」と名付けられた。

食べ放題LOVE

「食べ放題」あるいは「バイキング」が大好きだ。
運営しているボクシングジムの忘年会は
必ず食べ放題&飲み放題の店で行なうことにしている。

私はふだん昼食をオフィスでとることが多いが、
1~2週間に一度程度、「食べ放題」の店に行く。
以前は焼肉屋のランチバイキング(980円)に行っていたが、
最近は「低カロリーバイキング」の店にも行くようになった。
ただ、いくら低カロリーだとはいえ、食べ過ぎては元も子もないだろう。
しかし、焼き肉を同じ量食べるよりはカロリーは低いわな。

「食べ放題」が好きなのは、限界まで食べ続けられるといったこともあるが、
多種類の料理をアラカルトのように少しずつ味わえることもある。
「値段の元をとってやろう」といった意識はない。
その値段に見合った満足度が得られればそれでいい。
しかし、高級ホテルのたとえば3500円のランチバイキングであるとか、
昼食にかけるには高いのではと思われる金額では、
やはり値段が気になっていくら食べても満足できないと思う。
貧乏性なのだ。

で、「食べたいものを食べたいだけ」はいいのだが、
「おいおいそれはちょっと違うだろ」と思ってしまうような
とんでもない所業に出くわすこともある。
大阪市内某所に中華バイキングの店があるのだが、
そこでえらい目にあった。
ある平日の昼、昼の時間を少し過ぎていたこともあり、
客の入りは3割といったところか。
さてさてまずはチャーハンを頂き、次に酢豚を、とその酢豚の皿を見ると
そこには玉ねぎとにんじんとピーマンと、その他木くらげとか
つまりは豚肉以外のものばかりが残っている。
肉ばかりを選りすぐって取っていったやつがいるのだ。
おいおいそいつはねえだろう、と他の皿を見ると、
イカと野菜炒めも、肉野菜炒めも、ただの野菜炒めと化している。
しかし、野菜だけではあるが、皿の上にはそこそこの量が残っているため
店員は料理の補充をしない。
そんなわけでしかたなく、その日は実にベジタブルなバイキングとなった。

そういうせせこましいことはやめようぜ、まったくよう。

日本語の難しさ

先日、駅で切符を買っている時、
駅員と乗り場をたずねる乗客との会話が耳に入ってきた。
「まず、改札に入って頂いて、ホームに出たら、
 右に曲がって頂いて、10メートルほど先の右手に階段がありますので、
 そこを下りて頂いて・・・」
何の意識もしていないのに勝手に耳に入ってきたのは、
やたらに耳につく変な言いまわしが混ざっていたからだろう。
どこがおかしいのかは言うまでもなくおわかりになると思う。

こういったおかしな表現や言い回しは日常のあちこちで耳にする。

よく話のネタで使われるのが、スーパーやコンビニのレジで、
「1000円からお預かりします」である。
「から」って何だよってことだ。
何なんだろうね。
めんどうだし、さんざん語られていることだろうし、
ここでは追求せずに流しておく。

また、数年前の話だが、あるボクシングジムにおいては、
トレーナーが練習生にパンチの打ちかたを指導する際に、
「そのかまえからまず、右足のつま先を軸にして、
 膝と腰を回してあげて、背中と肩が回って、
 拳を打ち抜いて・・・」
と説明しているのを耳にした。
どこがおかしいのかは言うまでもなくおわかりになると思う。

「・・・」も本当は「……」と書くのが正しいのだが、
広告コピーでは3つで切ることが多い。
私もよくそうするが、文字のバランスとかを考えてのことで、
必ずしも文法どおりにしなくてもいいと思っている。

書き言葉の例が出たところでもうひとつ、
「他人に対して気をつかう」は「気を使う」ではなく「気を遣う」が正しい。
ただし、私はそれを書くとき「気をつかう」とひらがなにすることが多い。
なぜなら、「遣う(つかう)」と「違う(ちがう)」が似ているからだ。
数年前に女優の佐藤江梨子さんが「気遣い喫茶」という本を出した。
その時私は、ぱっと見でそれを「気違い喫茶」と読んでしまった。
その言葉は広告では絶対使用禁止用語である。
放送に置いても放送禁止用語であろう。
そんなわけで、私はそこではあえてひらがなを使うことにしている。

あと、最後になったが、先ほど書いた「あるボクシングジム」とは、
実はうちのジムである。
他人事のように書きながら、実は身内のことだったのだ。
いやいや申しわけない。
ついでではあるが、「他人事」は「たにんごと」ではなく「ひとごと」と読む。

いやー、日本語って、自分的には簡単に読み書きできるようで
実はチョー難しいって感じっすね。
ギャラリー
  • 大阪コピーライターズクラブ
  • 大阪コピーライターズクラブ
  • どうすべきか考える
  • 宣伝会議賞リタイア寸前
  • オリックス・バファローズあるある 絶賛発売中
  • てへぺろ
  • 複雑な怒りの気持ち
  • オリックス・バファローズあるある 発売1か月後
  • 捨てた日も、散歩と思ってよろこんで出かけて行った
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ