さまよえるLOVEずっきゅん

大阪の広告制作&ライター事務所 ラッキー・スター。 コピーライター&ライターが気まぐれに綴るたわごと。

出版関連

オリックス・バファローズあるある 外伝

私はオリックスのにわかファンではないんですよ。
小学生の頃、阪急ブレーブスの頃から好きでした。
熱狂的なファンというわけではないですが。

そんなわけで「オリックス・バファローズあるある」企画の...
話があった時、すぐに手を挙げたんですよ。
10人くらいが応募したみたいで、最終的に私が契約を頂いたんですが、
それまでの実績だけの評価では勝てなかったと思います。
ファンであったという部分が大きかったのではないかと思います。

3月の半ばから原稿を書き始めたのですが
その時はオリックスが優勝争いをするなんて考えてなかったです。
昨年まで5年連続Bクラスで、
今年は戦力的に昨年や一昨年よりも劣ると思ってましたし。
けど4月は好調で、首位を走って、
球団広報の方も「春の珍事になるかも・・・」とか言ってました。
けどそうならずに優勝してほしいと願って原稿を仕上げました。
優勝したら、私の本も注目度が高まるだろうなと、下心です。

実は最初の契約では、
固定額の原稿料をもらって終わりということでしたが、
刊行後の売れ行きがけっこうよく、書店の評判もすごくいいみたいで
「重版がかかったらそれ以降の売り上げに対して印税を払う」と
契約に追加してもらったんですよ。
書店の評判がいいってのはすごくうれしいですね。
書店員の方って本のプロじゃないですか。
客に勧めたい、読んでほしいと平積みにしたり、
店独自のPOPを作って貼ってくれたり、
そういうのを見るたびに震えて喜んでましたよ。

本の原稿書いてる時って、ジムの仕事は別にして、
他の仕事は全部あとまわしにして、それに集中してました。
何度も書き直しをして、魂をこめて、愛情をこめて、
球団側の大幅訂正指示が入って、てんやわんやで直して
内容の入れ替えをして、直すたびにパワーアップして、
いいものを書いたと自信を持ってます。
なので、書店の方々の評価はうれしいですよ。

そして、本が売れて印税が入るのもうれしいですが、
それによって新しい仕事が入るとまたうれしいなと思うのです。

そんなわけで、オリックスの勝敗にはやきもきしてます。
CSは確定してますが、できればリーグ優勝してほしいですね。

オリックス・バファローズあるある 絶賛発売中

外出した際、本屋を見つけると必ず寄るんですよ。
そして市場調査をするのですが、
今日行った本屋では「縦積み」と言うのかな、
5冊置いてもらってまして、いやいやうれしいです。
発売から1か月半、どれくらい売れたのかはわからないのですが...
本屋さんの側でこういった扱いをしてくださってるのを見ると
ありがたく思います。
心斎橋の東急ハンズ地下1階の喜久屋書店様
ありがとうございます。

orix

オリックス・バファローズあるある 発売1か月後

発売から1か月経過しました。
今日外出した際に立ち寄ったある書店では
POP付で書棚に平陳列してくださってました。
うれしいです。
自分で言うのもなんですが、いい本です。...
読みごたえのある本です。
それだけ時間をかけて、力をこめて書いた本です。
オリックスが好調ってこともありますが、
中身がない本だとしたら、書店は店頭で勧めないですよ。
あらためてうれしく、ありがたいです。

20140715

オリックス・バファローズあるある 発売

今朝、通勤の途中に本屋チェックをしてきました。
まずブックファーストの阪急梅田駅の店では
書棚のどこを探しても見あたらず、
やっぱり大きな書店でないと置いてないのかなと
ふと下を見たところ5冊か6冊ほど平積みになってました。...
うれしかったので、
その店でボクシングマガジンとボクシングワールドを買っていきました。
続いて東梅田駅近くの旭屋書店(小さい店)に行きましたら
ここではどこにも置かれておらず、
舞い上がって熱くなっていた私の心を落ち着かせてくれました。
大きな書店ではどういう扱いになってるか見に行きたいです。

アマゾンではまだ入荷待ちのようで、
まだ予約受付中になってるのですが、
ランキングはついてまして、
今朝の時点で本全体で3200位くらい、
スポーツ分野で120位くらいだったかな、
いやそれってけっこうすごいぞと思うのですが、
「買ったけど内容は期待はずれだったよ」とか
思われたらどうしようかと不安もあります。

20140616

オリックス・バファローズあるある 6

今回、最後の最後まで訂正を繰り返した記事がある。
西勇輝投手の開幕連勝記録の記事である。

4月初めの初回入稿時は

「今年の西は期待できる」といった内容の記事であった。

だが、開幕後に勝ちを重ねて4月末の時点で5連勝を果たし、

ちょうどその際に球団事務所の記事チェックにより、
差し替えが必要な記事が多数出たこともあり、

いっしょに内容を変更して入れておくかと

「球団史上75年ぶりの開幕5連勝」といった内容に改稿した。


しかし、その後6連勝、7連勝と勝ちを重ね、

そのたびに慌てて記事を書きなおして再入稿を繰り返し、

「開幕7連勝、75年ぶりの球団タイ記録」が最終稿となった。


だがしかし、その数日後、

西投手は球団新記録の開幕8連勝を達成してしまう、
あっ違った、達成する。

しかし、本は「7連勝のタイ記録」で発行される。

不可抗力のようなことではあるが、ちょっと残念に思う。

数年前、西投手はソフトバンクとのシーズン最終戦に登板し、

その試合が小久保裕紀選手の引退試合、
いわばメモリアルゲームであるのに、
ノーヒット・ノーランを達成してしまい、「KY」と言われたことがあった。

その時の関係者の気持ちがなんとなくわかったような気がする。


けど、次代を担う投手の台頭は喜ばしいものであり、

今シーズン、これからの活躍にも期待したい。
残念ながら連勝は8で止まってしまったが、

今チームの勝ち頭であり、
躍進を支えている大きな戦力であることには間違いない。

今回の執筆に関しては、

もともと阪急ブレーブス時代から興味を持っていたチームであり、

今回もわりと楽しんで書くことができたのだが、

またいつか、

オリックス・バファローズに関しての原稿を書く機会があるなら

たぶん今回よりも充実したものを書けると思う。

今回取材や情報収集を重ね、記事を書くことで

オリックスというチームに対しての深い思い入れができたからだ。

最後になりましたが、
今回のこの仕事を発注してくださったTOブックスの深澤様、
最高のイラストを描いてくださった福島モンタ様、
打ち合わせにご協力を頂いたオリックス球団の森川様、
取材に快く応じてくださった皆様、

この本の出版にかかわり、ご尽力をくださった関係者の皆様、

言葉にならないくらい深く感謝しております。
ありがとうございました。


オリックス・バファローズあるある篇  完


オリックス・バファローズあるある [ 佐藤信一郎 ]
オリックス・バファローズあるある [ 佐藤信一郎 ]

ギャラリー
  • 大阪コピーライターズクラブ
  • 大阪コピーライターズクラブ
  • どうすべきか考える
  • 宣伝会議賞リタイア寸前
  • オリックス・バファローズあるある 絶賛発売中
  • てへぺろ
  • 複雑な怒りの気持ち
  • オリックス・バファローズあるある 発売1か月後
  • 捨てた日も、散歩と思ってよろこんで出かけて行った
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ