前回記事を書いてから、いつのまにか1か月以上も経過していた。
月日のたつのは早いものである。

今回のテーマであるが、
記事タイトルがパクリそのものである。
もちろん、あえてそうしている。

そのパクリの話であるが、公募の広告賞においてはやたらにパクリが目立つ。
意識してパクったものと、
パクるつもりはなかったけど結果としてパクリになったものの2種類があると思う。
意識してのパクリについては説明の必要もないが、
無意識のパクリはそうなる原因がある。
その原因のひとつが「写経の弊害」である。

コピー年鑑等に掲載されたコピー、
公募賞の入賞、あるいは審査通過等で公開されたコピー、
それらをまるまるノートに書き写す作業、
いわゆる「写経」は制作修業の基本であり、
キャリアの浅いコピーライターや
仕事に行き詰まって基本に立ち返ることを考える中堅以上の制作者が
好んでよくやっている。

この作業は修業としては実に効果的なのだが、
やばい副作用として、
書き写したコピーやCMを、後々自分が創作したものとして書いてしまうことがあるのだ。
実は私もその経験があり、
コピーを書いた後に
「これって、どこかで・・・あ、もしかして・・・」と
あわてて写経したノートを確認すると、
その中につい先ほど自分が書いたものにそっくりなコピーが見つかるといった
そんな失敗も何度かあった。
そんなこともあり、今は写経をしないようにしている。

公募の広告賞の入選作を見ていると、
「どこかで見たようなもの」や
「ニュアンスは変えているけど・・・」によく出くわす。
公募の広告賞は「試作の場」として考えられているため、
少々はめをはずした制作をしてもいいとは思うが、パクリは論外だろう。

最近もある広告賞の入賞作で、
キャッチコピーが「グッド・ジョーブ」となっているものを見たが、
おいおいそのキャッチコピーはそれ以前に別の広告賞で
「協賛企業賞」を受賞してたよなと笑ってしまった。
偶然の一致であろうと信じたい。


(もう1回くらい 続く )