先日書いた件、
今月分の仕事の指示を送り忘れていたプロダクションが
今月はあと10日しかないのに、
「なんとか今月分を今月末までにお願いします」と
いつもは1カ月かけている仕事を10日でやってくれと...
実に軽く言ってくれて、そのメールを読んだ私が
「はぁ?」「それってマジで言うとるのかね?」といった
心境になったという件だが、
1.納期を延ばす
2.月末納期の本数を減らして残りは8月にまわす
のどちらかにできないかと返答したところ、
納期はどれくらいずれこむのかとの問いがあり、
「8月10日までに」
「うーん、8月2日か3日では無理かい?」といったやりとりがあり、
平行線をたどっていた。
その間私の中には既にあり、たぶん先方の中にも
3.取引中止
という選択肢が浮かんでいたと思う。

そして最終的な結論だが、
4.納期は月末でいいこととするので、
入稿形式をこれまでのめんどくさいものではなく、
簡略化したものにさせてもらえないか
という私の提案が採用されることとなった。
私は納期について譲歩し、先方は入稿形式の変更を認めるという
両者が一歩ずつ引いた形式でまとまった。

しかし、私としては、入稿形式がめんどうなことで
ストレスは感じるわ、やたらに時間がかかるわと
ネックになっていた部分が消えたので
私は一歩、相手には100歩分くらい引かせた感がある。

この件に関する私の心境を文章で表現するのは難しいのだが、
ビジュアルでの表現ではこんな感じになります。

20140725