9月からジムに入る時間が長くなったので、
ライターの仕事の発注をもらっていた先のうち
2つを取引中止として、仕事を少しだけ減らしました。

ひとつは、バイナリーオプションの記事の注文ばかり...
出されていた先で、
「誰でも簡単にできて儲かる」という内容の記事を
ずっと書いていたのですが、
「リスクのことはできるだけぼかして書いてくれ」との条件付きで、
罪悪感にさいなまれて、書くのが苦痛になってました。

もうひとつはいろいろなジャンルの記事執筆の注文を
くださってたのですが、
ストーマ(人工直腸とか)の記事を発注された際、
かなり専門性の高い記事を書くように求められ、
私は医療関連の知識はほとんどないため、
「読みかじりの知識だけで書けるものではない」と
断ろうとしたところ、
「なんでもいいから書いてくれ」と言われまして、
「概要程度ならともかく、専門的な文章は書けない」と断り、
最終的に取引そのものを中止といたしました。

バイナリーオプションについては、
「選択は2択、勝率が5割だから誰でも簡単にできる」ことを
中心にして書くように指示されてました。
しかし、勝率が5割といっても、
たとえば1万円を投資して勝てば
2000円から3000円の利益です。
しかし、負けた場合は1万円まるまるが損失になります。
なのでトータルでプラスを出すには、
圧倒的な勝ち数でないとだめってことです。
少し考えればわかることですが、
それをさせないような扇動的な文章ばかり書くことが
すごく苦痛になってました。

ストーマの記事については、
私の書いた文章を読んで、その内容を参考にしたり
あるいは鵜呑みにする方だっていると思うのです。
なので間違いのない内容であれば問題ないのですが、
知識が不十分な状態でいいかげんなことや
あやふやなことばかり書いてしまうと、
やばいことになりかねないです。
医療関連ですので、体や命にかかわる内容です。
そんな内容を「なんでもいいから」の感覚では書きたくないです。

ただ、いいかげんであやふやな内容でも
たいして問題はないだろうと思われる
「行ったことのない東京の風俗店の体験レポート」などは
ノリノリで書きまくってます。
取材不要、時間もさほどかからない、
そしてなんといっても報酬が高い、ありがたいことです。

私は基本的に仕事を選ぶことはしませんが、
どうしても譲れない一線といったものは持ってます。
良心がとがめるような仕事はしたくないです。

「行ったことのない東京の風俗店の体験レポート」などは
100パーセント空想創作活劇ですが、
この場合のいい悪いは個人の主観で変わるものですし、
何が正解で何が間違いかは決められるものでないですし、
別にいいじゃねえかと思ってます。