僕はあちこちの広告賞に応募しまくってたのですが、
その中にはたまに、「一般投票で入賞を決める」というものがあるのですよ。
これは不公平だからやめてほしいと思うんですよ・・・・・・。
というのもですね、そんなことをしたら
友人の多い応募者が勝つに決まってるじゃないですか!
友人は少ないわ、その友人たちにも
「悪いけどオレの作品に票入れてよ」と頼むなんてプライドが許さないし、
その前にそんなのってフェアじゃないよなって思っている僕は、
どう転んだって勝てるわけがないじゃないですか!
その選ばれる作品が「リスナー賞」とか「特別賞」とか、
いくつか賞があるうちのひとつみたいなそんな格付けならまだいいですけど、
グランプリとか、上位の賞になるってのはどう考えても納得がいかないですよ。

あと、一般の人たちって結局は「素人さん」ってことですよね。
いや、もちろん広告を見るのは世間一般の人たちなんだから
「エンドユーザーである皆さん選んでもらおう」という考えかたも
あながち間違いではないと思うんです。
けど、商品あるいはサービスまたは企業イメージを、
ユーザーにより魅力的に伝えられているのかという
広告本来の機能といった部分を評価して票を入れてるかというと、
それはたぶん違うと思うんです。
「おもしろいから」とか「よくできてるから」とか、
そんな単純なところですよね。
深夜のテレビで「ぷっすま」ってありますよね。
あの番組で、MC2人とゲストが出された題材をもとに絵を描いて、
どの絵がその題材にいちばん近いかを順位づけする企画なんですが、
時々、一般の方にその順位づけをさせることがあるんですよ。

そこでですね・・・・・・「口元が似てるぅ」とか、「目がかわいい」とか、
部分的な評価をしてそれが似てるって方がいるんですよ。
それを見て「それは違うだろ、全体像を見て判断しろよバカ」とか
テレビの前で思ったりしてるんですよ。
けどそれってやっぱりヤラセですよね。
理不尽だと思う視聴者が出てくるだろうとわかってて、
そうさせてるんだろうなと思うんです・・・・・・。
けどわざわざ電話かけて抗議するような人はいないですよね、
いないと思います。
と、話がずれてしまいましたが、要はそんなわけで、
一般の方が審査をすると、まっとうな審査結果にならないんじゃないかと
まあそう思うわけですよ。
なので、僕は広告賞の審査を一般の方にさせるのはよくないと思うんです。
一部分ならまだしも、それで全部決めるってのは絶対よくない。

ということで、今回はタイトルでもおわかりのとおり、
福満しげゆき先生の文体をとりいれて書いてみました。