さまよえるLOVEずっきゅん

大阪の広告制作&ライター事務所 ラッキー・スター。 コピーライター&ライターが気まぐれに綴るたわごと。

ブログ記事のタイトルネーミング

運営しているボクシングジムのサイトを管理している。
そのサイトには、ジムの日記&連絡ボードのようなコーナーがあり、
そこは毎日更新している。
その内容は5日分掲載しており、新しい記事を書いた際には
5日前に書いた記事を消している。

ただ、せっかく書いたものを消滅させてしまうのもなんだかなあと思い、
バックナンバーとして残せるように、
そのコーナーの記事をブログに転載して公開している。

サイトの記事についてはタイトルはつけていない。
日付を冒頭に書くのみだ。
しかし、ブログのほうはそれでは味気ないなと記事にタイトルをつけている。
その日書いた内容の一部分でもいいのでリンクするタイトルをつける。
ただ、ストレートなそのまんまなタイトルにすると不満が残るので、
できるだけくだらない、つまらない、ちゃらけたものにしようと
いつも意識している。
たとえば、
「暑い日が続きます」と平凡なタイトルでは終わらせず、
「暑むさくるしい男たちの夏は続く」などと、
できるだけ、たわけたろくでもないタイトルにしている。
ただ、文字数は17文字以内に収める。
それを超えるとサイドバーのタイトル欄で1行に収まらず、
改行されてしまうことになり、
画面上の美観を損なうことになってしまうのだ。

先日のことだが、そのブログのアクセス数が跳びはねるかのように
急激に増えたことがあった。
なんでだろう? と不思議に思い、その日の記事とタイトルを確認して
ああ、なるほど、と納得した。

その日は選手登録をした際に発行される選手手帳に関して
あれこれ説明を書き連ねた。
その中で、表紙には写真を貼ることになっているのだが、
その写真はスピード写真はいいけどスナップ写真はだめだ、
プリクラは論外ね、といったことを書いた。
そして、その記事のタイトルはその部分にリンクさせたものにした。
本来なら
「選手手帳の写真はちゃんとしたものを」とでもするのだろうが、
それではあまりにも芸がないので、
「選手手帳に壇蜜の写真貼り叱られる」とした。

アクセス数急増の原因はたぶんこれだろう。

ブログ記事タイトルのネーミングについては、
キャッチコピーと同じだとは考えていない。
アクセス増加を狙おうとかまったく考えていない。
ただ単に平凡が性に合わず嫌い、それだけなのだ。

大阪コピーライターズクラブ年鑑2013

OCC(大阪コピーライターズクラブ)年鑑が届きました。
さすが秀作がそろってますね。
私もこんないい作品を書きたいし、
充実感と達成感のあるいい仕事をしたいです。

...

会員名簿が今年から本人のコメント付になったのですが
自分の書いたコメントを読み、反省中です。
これを書いた時の自分はいったい何を・・・

それにしても会員名簿だけでなく、
作品ページのほうにも載りたいっす。
精進します。

20131207

求人広告LOVE

実に久しぶりに求人広告コピー制作の依頼を頂いた。
といってもまだ詳細を聞いていないので
仕事を受けるかどうかは未定。
けど、よほど非常識な金額でなければ受ける。

...

私は求人広告が大好きなのだ。求人広告♡LOVE。
最初に入った代理店が求人広告専門(リクルート専属)で、
そこで仕込まれたことが今も自分の仕事の
支柱になっていると言っても過言ではない。

そして、広告効果がはっきりした数字として
短期間のうちに表れることも大好き意識の要因である。
応募者数・面接人数・採用者数が具体的な数字で、
それも1週間とか2週間といった期間ではじきだされるが、
それは企画と原稿の内容ですべて決まるといってもいい。
最初に在職した代理店では営業職だったが、
結果が悪かったらもう出稿してくれないだろうから
取材する時などこと細かく聞き出して、
聞きながらどういう内容の原稿にすればいいかと考えた。
その経験はその後も今も生きている。
制作職に転じてからも、
書きっぱなし、作りっぱなしで終わりではなく、
結果を出せることを考えて企画をたててコピーを書いた。
ぴりぴりした感覚での真剣勝負だね。

もう長いことそのぴりぴりした感覚から離れている。
どうだ、うまいこと書いてるだろうと自己満足のコピー、
コントなのかCMなのかわからないようなCMコピー、
いちばんだめなのは、
社名とか商品名をすげ替えればそのまま他社に流用できるような
オンリーワンでないコピー、
ここ何年かはそんなぬるい仕事ばかりやってたような気がする。
公募の広告賞応募も同じくそうだ。
「他社との差別化を図った、その会社にしか使えない広告作り」
が最初に所属した代理店でたたきこまれた鉄則である。

このところずっと、
自分が書いたものがどれだけの効果につながっているか
わからない仕事が多かったからね。
その分仕事に対する勝負意識が薄れてたと思う。

そんなわけで、今回の仕事はぜひとも受けたい。
原点に戻って勝負の感覚でコピー書きたい。

ギャラリー
  • 大阪コピーライターズクラブ
  • 大阪コピーライターズクラブ
  • どうすべきか考える
  • 宣伝会議賞リタイア寸前
  • オリックス・バファローズあるある 絶賛発売中
  • てへぺろ
  • 複雑な怒りの気持ち
  • オリックス・バファローズあるある 発売1か月後
  • 捨てた日も、散歩と思ってよろこんで出かけて行った
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ